一眼レフ初心者必見!初めての撮影で準備するもの・あると便利なもの

一眼レフ初心者の準備 ライフスタイル

一眼レフカメラを購入したら「すぐに撮影できるか」というと、そうではありません。初めて撮影するまでにいくつか準備しておくものがあります。

さらには必ず必要ではないけれど、あると便利なものもあります!

そこで本記事では一眼レフ初心者に向けて初めての撮影で準備するもの、あると便利なものを紹介していきます。

カメラ撮影で準備するもの

筆者が初めて一眼レフを購入したときに準備したものをまとめました。

SDカード

sdカード

一眼レフでの撮影で最低限必要になるのがSDカードです。

カメラ本体には基本的に内蔵メモリがないので、そのまま撮影すると記録としてデータを残しておくことができません。

そのため購入したカメラに合ったサイズのSDカードを購入しましょう。

目安としては、動画ではなく写真メインで撮影する場合は32GB、旅行先や日常生活で動画も撮影する場合は64GB以上のSDカードが良いです。

Amazonや楽天などでは32GBなら1,000円台で販売していますよ。

極端なことを言えば、一眼レフで撮影する場合SDカードさえあれば撮影できます!

ブロアーやクリーニングクロス

ブロアーやクリーニングクロス

カメラのお手入れ・掃除に必要な道具として、ブロアーとクリーニングクロスも購入しましょう。

ブロアーはレンズのホコリやゴミを取り除いてくれるもので、直接手でレンズを触らずに掃除ができるので手の指紋や皮脂を付けずに済みます。

レンズを交換する際にも、ブロアーを吹きかけて装着すると汚れやホコリが取り除けるので便利です。

クリーニングクロスはレンズの指紋や皮脂の汚れを拭き取ってくれるもので、柔らかい素材で作られているのでレンズを直接拭いても傷つきにくいです。

両方とも1,000円前後で購入できるので、撮影する前に準備しておくといいですよ。

予備バッテリー

カメラ本体を購入したときに1つバッテリーが付いていますが、予備バッテリーを1つ買っておくと安心です。

特に、旅行や日帰りで遠出するときにカメラを使うなら、予備バッテリーは必須です。

ミラーレス一眼の場合は、バッテリーが無くなりやすいので予備バッテリーを購入しておきましょう。

レンズプロテクター

レンズプロテクターはカメラレンズを保護してくれるフィルターで、レンズの上に装着します。

レンズによってサイズが異なるので、最適なサイズのレンズプロテクターを購入しましょう。

レンズプロテクターに関しては必ず必要ではないですが、一眼レフ初心者の筆者は「レンズを傷つけたくなかった」&「カメラを持ち歩くことが多い」ので購入しました。

レンズプロテクターを付けておけばレンズキャップを付けなくてもOKなので楽チンです。

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムは液晶モニターに貼るフィルターです。

傷や汚れから守ってくれ、光の反射なども抑えてくれるので、カメラ初心者の方は購入をおすすめします。

液晶保護フィルムを貼ったからといって、画面が見にくくなることはないので安心してください。

カメラ撮影であると便利なもの

初めてのカメラ撮影で必須ではないけど、長期的に使用するなら準備しておいたほうが良いもの、あると便利なものを紹介します。

ドライボックスや防湿剤

カメラは湿気に弱く、湿度が高いとカビが生える原因になるため、長期的に使用するならドライボックスや防湿剤・防カビ剤があると安心です。

湿度の管理ができる「防湿庫」を購入して保管するのがベストですが、防湿庫は10,000円以上と高価なので、カメラ初心者の方には手が届きにくいでしょう。

ドライボックスなら2,000円台から購入できるので、まずはドライボックスと防湿剤がおすすめです。

カメラバッグ・カメラケース

カメラバッグ・カメラケース

カメラバッグやカメラケースもあると便利です。

カメラバッグはレンズ付きの一眼レフカメラが1台収納できるコンパクトなバッグや予備の交換レンズ数本とカメラ1台収納できる大容量バッグ、ショルダータイプやリュックタイプなど様々なバッグが販売されています。

旅行やイベントなどに持っていくのであれば、カメラバッグも買っておくと安心です。

その中でもカメラ初心者におすすめなのが、レンズ付きカメラが1台収納可能なコンパクトタイプのカメラケースです。

これなら撮影のときにもかさばらず、持ち運びも便利。クッション性もあって1つポケットが付いているので、クリーニングクロスや予備バッテリーなども収納できます。

三脚

三脚

友達や家族と撮影したり星空や夜景・飛行機など手ブレが起きやすいシーンの撮影をしたりする場合は、三脚があると便利です。

三脚の中でも本格的な大きいものから机の上におけるサイズのミニ三脚まで様々なので、自分が使用する用途に合わせて購入しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では一眼レフ初心者がカメラを購入して撮影するときに準備しておいたほうが良いもの、あると便利なものについて紹介しました。筆者が実際に購入した中でも絶対買っておくべきと考えるものは、SDカード、ブロアー、クリーニングクロスの3つです! 一眼レフを初めて購入して、何を準備すればいいかわからない方はぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました