合同会社(LLC)の印鑑作成方法と注意点!店舗と通販はどっちで作るのがいい?

合同会社の印鑑作成 ビジネスアイテム

本記事では、合同会社(LLC=Limited Liability Company)を設立するときに必要な印鑑の種類や作成方法について解説していきます。

株式会社以外に起業する手段として個人事業主や合同会社を選択する人も増加傾向にあります。筆者の知人のシステムエンジニアも2人で合同会社を設立して会社を経営しています。株式会社と異なり、会社設立費用が登録免許税のみの6万円で安い、自由に利益の分配を考えることができる、会社設立手続きが簡易的なため、合同会社を選択する人も多いのではないでしょうか。

起業準備を自分で行う人も多いため、本記事で合同会社を設立するときに必要な印鑑の種類を学びましょう!起業時の出費や時間を無駄にしないようにしてください!

  • 合同会社で必要な印鑑は法人と一緒
  • もっとも安く済ませたいなら合同会社の実印のみでも問題ない
  • 対外的な取引が多いなら実印、銀行印、角印の起業3本セットを作成するのが無難

合同会社(LLC)の設立で必要な印鑑の種類

まず、合同会社の設立で必要な印鑑の種類を確認していきましょう。

結論から言うと、法務局に届け出る会社の実印(丸印・会社印)のみを作成すれば問題ありません。

ただし、実印は法的効力を持つため請求書や見積書など全ての書類に捺印するのはビジネスマナーやリスク対策の面でも非推奨とされています。

銀行口座を開設するときは、専用の銀行印を作成。請求書や見積書などには会社が正式に発行したことが分かる認印の役割を持つ「角印」を利用するのが一般的です。

合同会社の設立に伴って必要な印鑑は、実印のみで事足りますが、取引先への体裁や偽造・盗難などのリスクも総合的に加味して「銀行印」や「角印」をセットで作成するのがおすすめです。

会社の住所や連絡先などを記載した印をたくさん押す機会があるなら、ゴム製の住所印や組み合わせ印の作成も同時に検討すると良いでしょう。

合同会社(LLC)の印鑑作成方法

印鑑と朱肉

合同会社で印鑑を作成する方法は、株式会社同様で下記の流れで進めることができます。

  1. 合同会社の会社名を決定する
  2. 作成するお店を決める(ネット通販がおすすめ)
  3. 作成する印鑑の種類を決める(最低限、実印は必要)
  4. 印鑑のサイズや書体を決める(通販サイトで提示されているおすすめサイズを選んだ上で偽造リスクが低い篆書体を選べば問題なし)
  5. オンライン上で印影デザインを確認して発注を完了する
  6. 最短即日発送で翌日到着

上記の流れで簡単に注文できます。店舗で作成する場合、1週間程度かかる可能性がある上に注文と受け取りの合計2回店舗に足を運ぶ必要があります。

ネット通販なら自宅完結で外出しなくても24時間好きなタイミングで印鑑が購入できます。

合同会社(LLC)の印鑑作成時の注意点

最後に合同会社の印鑑を作成する時の注意点を確認していきましょう。株式会社同様、注意点は多くありません。

代表者印・代表社員印として作成する

合同会社は、株式会社のように「代表取締役」という役職名称を使うことができない仕組みになっています。合同会社の場合、「代表社員」「代表役員」などの名称を使用します。

そのため、株式会社の法人実印を作成するときに印字する「代表取締役(之)印」という印字を「代表者(之)印」や「代表社員(之)印」といったように印字しておくとのがベストです。

印鑑登録などの公的な手続きは従来の株式会社同様に「代表取締役(之)印」でもOKになるケースが多いですが、地域によって解釈が異なる可能性もあるので万全を期すなら合同会社の役職ルールに従って実印(会社印)も作成しておくのがベストです。

高齢の店主が運営している街のはんこ屋さんなどは、合同会社の存在を知らずに株式会社同様に作ってしまうケースも多いです。印鑑作成時にしっかり印字する内容を伝えるようにしましょう。オンライン印影プレビューができるネット通販を活用するのもひとつの手段としておすすめです。

印鑑登録の基準を満たしたサイズで作成する

一般的な印鑑通販サイトやはんこ屋さんで作成すれば間違いはありませんが、印鑑の大きさや照合適合ルールが定められています。

  1. 印鑑の大きさは辺が1cmの正方形に収まるサイズもしくは辺の長さが3cmの正方形に収まるものである必要がある
  2. 捺印が鮮明で文字を識別することができる

上記の基準を満たしている必要があります。難解な漢字や複雑なアルファベットの組み合わせで印鑑を作成する場合、文字が不明瞭になって識別ができずにNGを出されてしまう可能性もあります。

注文前に印影プレビューができる通販サイトを選びましょう!

合同会社(LLC)の印鑑はどこで作るのがいい?

合同会社の印鑑は、下記理由からネット通販で作るのがおすすめです。

  • 店舗に出向いて印鑑を注文して後日受け取りに行く労力を削減できる
  • 起業準備にかかる負担や時間を大幅に軽減できる
  • 店舗で購入するよりも50%程度安く買えるケースが多い
  • オンライン上で実際に作成される印影デザインを確認できるから誤発注がない
  • 最短即日発送で翌日到着に対応している通販サイトが多い
  • 5,000円以上の注文で送料無料になるケースが多い
  • 24時間好きな時に注文できる上に作成時の疑問点などを解決するマニュアルがオンライン上に完備されている

上記の特徴を持っているため、ネット通販で印鑑を作成するのがおすすめです。機械彫りが主流となっているため、職人の手彫り印鑑を求める人には不向きな点はあります。ただし、実店舗を展開する平安堂オンラインショップなら職人の手彫り印鑑がお得に購入できます。

合同会社の設立時に印鑑を購入するならネット通販を活用してください!

もっと詳しく通販で作るメリットを知りたい人は下記記事を読んでください。印鑑が購入できるお店の種類やネット通販のメリットデメリットを総合的に比較しています。

⇒⇒印鑑販売店の特徴を比較!どこで作るのが一番いいか理解しよう!

まとめ

いかがだったでしょうか。合同会社の印鑑作成方法について解説しました。

法人同様に精力的に事業を行っていく目的があるなら実印、銀行印、角印を3本セットで作ってしまうのが後々の面倒を省くことができます。

最後に本記事の重要ポイントをおさらいしましょう!

  • 合同会社の印鑑作成はネット通販で作ると手軽な上に安上がり
  • ネット通販でもオンライン印影プレビューで実際の印字を確認できる
  • 合同会社の印鑑は株式会社のように代表取締役印ではなく、代表者印もしくは代表社員印で作成しておくとベスト
タイトルとURLをコピーしました